唐津市 肥前町の痛くない歯科|あおぞら歯科

 診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00
 

佐賀県唐津市 あおぞら歯科医院の診療内容

 

診療科目

歯科・小児歯科・歯科口腔外科

診療内容

矯正・義歯・歯周病・インプラント・ホワイトニング・審美

診療について

歯科・むし歯・小児歯科

一般的なむし歯、歯周病、入れ歯の治療を行います。進行したむし歯治療の際は、しっかりと歯の根っこの治療を行ってからかぶせ物を入れていきます。歯周病は歯肉の状態を改善させていきます。

治療が終了しても、その後、むし歯や歯周病になってしまっては意味がありません。 早期発見・早期治療ではなく、初期のむし歯などは削らずに経過観察しながら予防していきます。

また、当院は小さなお子様の治療も得意としています。

 

歯周病歯科

歯周病は非常に恐ろしい病気です。歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのですが、この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病です。

歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまいます。

歯周病は、歯を支えている歯ぐきや骨の病気です。その原因は、歯と歯ぐきの間にできるすき間(歯周ポケット)内の細菌です。歯周病が進行すると、ものがうまく噛めなくなり、最後には歯が抜けることもあるのです。


困るのは、痛みなどの自覚症状がない場合が多いことです。
虫歯や噛み合わせ、歯ぎしりや、食いしばりといったことも、歯周病を大きく進行させる原因になります。

ですから歯周病の治療には、総合的な対応が必要となってきます。

でも心配することはありません。
早期の段階であれば、歯周病を予防することや進行を食い止めることは十分可能です。 歯周病を防ぐには、まず自分の歯ぐきの状態に気が付くことが大切です。
歯周病は早めに発見して、適切な治療と、ていねいなブラッシングを継続していくことで、治すことができます。
自分の歯ぐきを定期的にチェックして、早期発見早期治療を心がけましょう。

「歯がグラグラする・・・」
「歯ぐきが、2~3日前から急に腫れて痛くなってきた」
「歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る」

「口臭が気になるんだ・・・」

これらのことにお悩みの方は多いのではないでしょうか?当院にも、多くの患者様がこれらの症状で来院されます。そして、原因はほとんど決まっています。その大半が歯周病が原因なのです。

歯周病という名前だけは良く聞くかもしれません。しかし、どのような病気なのかは一般的にはほとんど知られていません。

実は、歯周病は非常に恐ろしい病気なのです。

歯周病は、誰にでも起こる可能性があり、しかも、歯周病になってしまったら、もう完全に治すことは不可能なのです。

つまり、歯周病に一度かかってしまったら、どのようにそれ以上進行しないしていくか、ということが全てなのです。

では、どうしたら歯を残せるのでしょうか? 欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?

その答えが1~3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。 欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

日本でも、熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメンテナンスをきちんと受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。

皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?

 

インプラント治療

高齢者の方々が年齢を重ねるに連れ、発生してくる病気をきちんと考慮に入れながら、治療を行います。

「入れ歯はイヤだ!」「食べ物が美味しくない」「恥ずかしい」という方のために、自分の歯と同じように咬めて、外見も全く自然で、取り外しの必要ない治療がインプラント治療です。

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。

その上に取り付ける歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

人工歯根があごの骨にきちんとつくのをまってから型を取り、固定式の歯を入れます。
取りはずしの入れ歯と違って、違和感もなくよく噛めますが、手術後、歯が入るまで約2~6カ月の治癒期間が必要な場合もあります。

また、顎の骨の状態や、今飲んでいるお薬によってはインプラント治療ができない方、また、前もって骨を増大する治療が必要な方もいらっしゃいます。

今のインプラント治療はオステオインテグレーションと言って、骨とインプラントが強固に結合するために、飛躍的に成功率は向上しました。 日本で15年間のインプラントの成功率は95%と報告されています。

インプラント治療は、こんな人にお勧めします!
・入れ歯が合わなくて悩んでいる人
・健康な歯を削るのがいやな人
・取り外しの入れ歯が嫌いな人
・入れ歯で喋りづらく不便を感じている人

《インプラント治療Q&A》
Q1:インプラント治療は誰でも受けられますか?

A1:ほとんどの方が可能ですが、年齢、全身状態、あごの骨の状態によっては、インプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。
そのために一番大切なことは、治療を受ける前の診断となります。
きちんとした診断を受けて、詳しい説明を受けられることが大切です。
あごの骨が少なくて先だって、骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。

Q2:インプラント手術に腫れや痛みはありますか?
A2:麻酔をしますから、手術時には全く痛みはありません。術後の痛みは、奥歯の抜歯をした程度の痛みがあることが多いです。
この痛みは痛み止めで抑えられる範囲の痛みです。腫れに関しては個人差がありますが、術後、多少腫れることがあります。
特に骨を増やす特別な手術を受けられた方は術後腫れる場合があります。

 

審美・ホワイトニング

患者様の外見に対するニーズは年々、増しております。当院では、治るだけでなく、見た目もキレイにしたい患者様の要望にお応えできる治療をしております。

【ホワイトニング】
ホワイトニングとは
白い歯を手に入れたい、 より美しい口元を手に入れたいと思った事は、ありませんか?


自然な明るい笑顔は、第一印象も良くします。
歯のホワイトニングをして理想の口元、明るい笑顔を手に入れませんか?

歯のホワイトニングとは、歯を削ってプラスチックやセラミックといった人工的な材料で歯を白くするのではなく、自分の歯を薬を使って白く漂白する治療法です。

《歯のホワイトニングQ&A》
Q1:誰でもどんな歯でも白くなりますか?

A1:小さい時に飲んだ薬(テトラサイクリン系)の影響で 歯が茶色く変色している方は、歯の色で深刻に 悩んでいる方が多いです。
ホワイトニングを希望されて来院されますが、 歯のホワイトンニングには適応症があって、 白くできる限界もあります。
あなたの歯の色はホワイトニングが 本当に適しているのか十分なカウンセリングが必要です。

Q2:ホワイトニングって痛くないの?
ホワイトニングのメリットは歯を削らない、麻酔をしない、 痛くない、という点ですが、途中で歯がしみることがあります。
知覚過敏と言われて一時的なものですが、歯に深い詰め物が あったり目に見えないひびがあれば、高い確率で知覚過敏が起こります。
しかし一過性な物ですぐ収まりますので心配ありません。


【審美とは】
審美歯科とは

歯のガタガタ、でこぼこを治すためにセラミックなど審美的な材料を歯に貼りつけたり、かぶせることによって見た目をきれいにする治療法です。


従来であれば、歯のガタガタ、でこぼこを治すためにはワイヤーを使った矯正治療しか方法がありませんでした。

この矯正治療はメリットも大きいのですが、デメリットとして長期間かかること、ワイヤーなど装置がどうしても目立ってしまうこと、成人矯正の場合、比較的高額な治療費がかかることがあげられます。

このため治したいけれど、このデメリットの高いハードルをどうしても越えられない方が多くいらっしゃいました。

そういった今まで矯正治療に踏み切れなかった方でも審美歯科治療なら可能な場合も多いです。

もちろん審美歯科にも必ずメリット、デメリットが存在しますので術前のカウンセリングをお薦めします。

《審美 Q&A》

Q1:治療は何回かかるの?
A1:治療に必要な回数は、ケースバイケースですので詳細な検査をしないと何回とは言えませんが、多くの場合 数か月以内の治療期間で終わります。
しかし虫歯がひどい場合や歯の神経の治療が多数ある場合などはもっとかかることがあります。

Q2:セラミックを被せると虫歯にならないのですか?
何も被せていない自然の歯と、セラミックを被せた歯を比較すると、セラミックを被せた歯のほうが虫歯のリスクは高くなります。
どんなに精密にあわせても、セラミックと歯の間にミクロンの境目ができますので、そこから虫歯になる可能性があります。
定期的な歯の予防管理を受けてもらうことで、その虫歯のリスクを大幅に減らすことが可能です。