診療科目

インプラント治療

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。

その上に取り付ける歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

人工歯根があごの骨にきちんとつくのをまってから型を取り、固定式の歯を入れます。
取りはずしの入れ歯と違って、違和感もなくよく噛めますが、手術後、歯が入るまで約2~6カ月の治癒期間が必要な場合もあります。

また、顎の骨の状態や、今飲んでいるお薬によってはインプラント治療ができない方、また、前もって骨を増大する治療が必要な方もいらっしゃいます。

今のインプラント治療はオステオインテグレーションと言って、骨とインプラントが強固に結合するために、飛躍的に成功率は向上しました。 日本で15年間のインプラントの成功率は95%と報告されています。

インプラント治療は、こんな人にお勧めします!

・入れ歯が合わなくて悩んでいる人
・健康な歯を削るのがいやな人
・取り外しの入れ歯が嫌いな人
・入れ歯で喋りづらく不便を感じている人

インプラント治療Q&A

Q1:インプラント治療は誰でも受けられますか?
A1:ほとんどの方が可能ですが、年齢、全身状態、あごの骨の状態によっては、インプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。
そのために一番大切なことは、治療を受ける前の診断となります。
きちんとした診断を受けて、詳しい説明を受けられることが大切です。
あごの骨が少なくて先だって、骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。

Q2:インプラント手術に腫れや痛みはありますか?
A2:麻酔をしますから、手術時には全く痛みはありません。術後の痛みは、奥歯の抜歯をした程度の痛みがあることが多いです。
この痛みは痛み止めで抑えられる範囲の痛みです。腫れに関しては個人差がありますが、術後、多少腫れることがあります。
特に骨を増やす特別な手術を受けられた方は術後腫れる場合があります。

診療時間

当院へのアクセス

患者さまからお手紙

診療科目

患者様の声

当院のご案内

診療時間